MILFORDについて

MILFORDは主に無垢の木材を使ったオリジナル家具・雑貨やオーダー品を制作販売する、木工作家山下拓希の家具工房です。
昔から伝わる木組み工法をベースに、現代の工法や金物も取り入れてひとつひとつハンドメイドで制作しています。

MILFORDのものづくりのテーマは「時間」です。

無垢材は通常嫌われがちなキズや汚れを、経年変化という素晴らしい味付けで包み込んでくれる材料であり、過ごした時間をその人の暮らした歴史や生きた証として刻み込み、使う人と共に生き成長するパートナーとなるような家具作りを理想としています。

私たちの人生は限られており、あっという間に時は過ぎ去ります。
その貴重な時間、同じ1分1秒を過ごすのであれば、それらが上質なものになったとすればどんなに素敵なことでしょう。
MILFORDの家具や雑貨を使っていただくことによって、普段の何気ない時間が少し特別になり、大切なひとときが心地よい時間となることを願いながら日々製作しております。

また、長く愛用していただけるよう使い勝手を前提に、暮らしのアクセントになるような少しクセのある形や機能をデザインし、それが目に入ることで少しだけ楽しい気分になったり、会話が広がるきっかけにもなるようなものを目指しております。
そして工業製品と手づくり品の間のような位置づけで、均一性の中にもゆらぎのような柔らかさがあり、都会の生活シーンでは田舎的な温かさ、また田舎のシーンでは都会的な洗練さを感じられる爽やかな温度感のものを心掛けております。

「時を刻み、良い時間を過ごせるものを作ること」
それがMILFORDの目指すものづくりです。

木材について

MILFORDでは広葉樹の無垢材をメインに使い、部分的に合板や突き板を使った家具作りをしております。
木材には様々な種類があり、それぞれに違った特徴や個性があり、私達を惹きつけて止まない魅力を持っています。

そのひとつは何と言っても木材特有の木目や質感で、私達ひとりひとりが違うことと同じようにそれらには決して同じものがなく、まさに自然が生み出すアートです。

切ったり削ったりすると、外観からは分からない木が生長する過程で出来る節や皮が入り込んだものや染みが現れたりすることも多く、中には使えないような問題のある材もあります。
しかしそれらは木が長い時を生きてきた成長の跡や個性であり、それらを含めてこそ自然であると同時に、天然素材のみが持つ癒しや心地良さの一因であると思いますので、大きな問題でない限り積極的に使っております。

そして木材は化学を用いて私達の思い通りに変化させたり生産したりはできず、材料として使用できるまでに長い年月を要しますが、何もかもをコントロールしようとする現代において決してコントロールすることのできない自然との付き合い方を再認識できるとても身近な素材でもあります。
故に神秘的であり、偉大な存在感を持つ素材なのでしょう。

太古から利用されいつの時代もかけがえのない存在である木材は、無謀な使い方をしない限りいつも私たちの傍にあり、今の時代こそますます注目し利用していくべき素材だと考えております。

仕上げについて

家具の仕上げ塗装の方法には、塗膜を作るものと作らないものがあります。

木が反る原因は、木繊維が空気中の水分を吸収したり放出したりして膨張・収縮することが大きく、これが所謂「木は生きている」「木は呼吸する」と言われるもので、調湿効果でもあります。
タンスなどで冬場は何ともないのに、夏の湿気が多い時期に抽斗(ひきだし)の動きが固くなって開きにくくなるのはこの為です。
一見厄介なことに感じますが、固くなった分抽斗が水分を吸って衣服を守っているとも言え、この特徴が活きるのには塗膜を作らないことが条件になります。

それらには一般的にオイルフィニッシュやソープフィニッシュなどがあり、これらは木材に染みこんで木繊維に定着し、内側から汚れを防護するといったもので水分が入る余地がある仕上げ方法です。
ただ、保護能力はあるにせよ決して強いものではなく、徐々に減少していくので定期的なメンテナンスが必要になりますが、塗膜がないので削り直しや補修がし易い仕上げです。

そして何より手肌に触れるのは塗膜ではなく木そのものなので、木材の感触が活きる仕上げです。
木材そのものが擦れたり傷ついたりして劣化していき、それが味になり風格となっていきます。
それは木以外でも石や金属などがワビたりサビたりしていくものが古びていくという美しさで、日本人の心に深く根付いている詫び寂びの美意識でもあります。

このような特徴から、MILFORDでは基本的にオイルフィニッシュと、白い木はソープフィニッシュでも仕上げております。
そして木材そのものの色を活かしたく、着色はせずクリア仕上げとしております。

Profile

山下拓希  Hiroki M. Yamashita

Facebook

instagram: PICFORD

略歴
1979年  大阪に生まれる
2001年  大阪経済大学卒業
2003年  木工を始める
2006年  浜田工房 浜田由一氏の元で家具作りを学び始める
2009年  MILFORD設立
2011年  工芸都市2011高岡クラフトコンペティション入選(以降2012年、2016年入選)
       第51回日本クラフト展入選(以降2012年、2014年入選)
2013年  ウェブサイト開設、独立
2015年  クラフトフェアまつもと2015
2016年  岩田屋本店、阪急うめだ本店、川西阪急、クラフトフェア工藝の庭
2017年  博多阪急、山口アーツ&クラフツ、ARTS & CRAFT 静岡手創り市